スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ジャンル考察録 その4



QMA5が出る前に何としてでも考察録も終わらせてしまいたいこの頃。
というわけで1カ月近く間が空いてしまいましたが、今回の考察は芸能で。

現在の階級が翡翠賢者ということは、まぁ一応は芸能は得意な”はず”なんですが、
本当にある程度の分野・形式しか集中的にやっていないので、非常に偏ってます。
それこそもう、端から見れば「これ投げたら緑ゲージ1の自分でも勝てるんじゃね?」レベル並に。

とはいえQMA4もそろそろ終わりですし、芸能・雑学・学問に関してはだいたいの正解率も添えながら考察、というよりは自己分析してみようかと思います。
てなわけでお暇な方はどぞー(´∀`)


***************************
芸能平均 71%弱


○×→75%
今まではついおろそかにしがちの形式だったのですが、よくよく考えたら「選択肢二つしかないしなぁ」ということで、4稼働初期、それこそ大魔導師に上がる前はよく決勝で投げてました。
そのおかげでとりあえず75%は安定。とはいえ今となっては怖くて投げられませんw
トナメでも油断は出来ない形式なので、間違えた問題に関してはあとで必ず調べるようにしてます。
……逆に最近の話題にはついていけないですがね!


四択→66%
3の頃はそれほどでもなかったのですが、4になってから何か苦手になってしまった形式のひとつ。
多分、正解率表示の影響が大きいと思います。どれだけそれに依存していたことやら。
下手に芸能関係の名前や名称を仕入れてしまったが故にダイブ→単純に考えればOKだった、というパターンではずす事が多々。5ではしっかりと対策をしておきたい形式です。
これは本当に怖い怖い。今のところ2回連続トナメで予選落ちです。


連想→73%
これは第3.4ヒントまで見ればある程度は押さえられるので妥当な正解率かと。
逆に怖いのが、演歌や洋画(しかも古いの)のもの。
全部のヒント見てもヒントになってませんセンセー!!!!( ゚д゚)ノ
音楽関係の連想問題は個人的には早めに飛べるので好きです。落とすこと多いけどw


並べ替え→77%
キューブと連動している感はありますが、文字群を見てそれっぽい名称を作り出す作業は好きです。余裕があったらもう少し予習とか鍛えたかった形式のひとつ。
とはいえ周りに並べ替え使いさんがいるので未だ油断は出来ませんのう。
5ではキューブと同じぐらい使えるようにしたいところ。めざせ80%越えかな?
とはいえ英字群は結構辛いものがありまry


四文字→69%
夏ごろからラン3→キューブ→四文字の順で結構予習を回したりと、結構やってた形式だったりします。八文字の文字群から四文字を拾い出して、それが正解した時の快感ったらたまらないぜハァハァ。変態っぽいですが、こういう「文字を組み合わせる」系は結構好きです。だからキューブとかめっちゃくちゃやってたんですが。
とはいえトナメでは全問拾う事もあれば4問落す事もあったりと、未だ不安定。
5では防具よりも武器にしたい形式。ちゃんとやれば刺さりそうな感じもしますしね。
でも乙の子もサブ武器として鍛えてるようですし、先日のパロ諏訪大会後の店対ではマヤタローさんにフルボッコされたこともあるので、怠けずに集中的にやった方がよいのかも。


タイピング→60%
2の頃から本当に穴になってまして、それこそ音楽問ではないとほとんど拾えないぐらいだったり、50%の問題すら落とすレベルだったり、一桁になるともうボケるしかないぜHAHAHAHAHA!だったりと、散々な状態のまま結局4も終わろうとしていますアニョハセヨ。
周りには使い手さんも多く、また、諏訪地区には芸タイ使いさんもいないという話だったので、自分が使えるようになればいいんじゃね?とか、いずれ対策しなきゃしなきゃと思っていたのですが、ほんと未対策のまま5を迎えそうな予感。
県内トップレベルの芸タイ使い、パチュリーさんとまでは行かなくとも、せめて70%は拾えるように予習さぼらずにやろうと思います。ほんとね、芸タイ来ると決勝でもフルボッコだよ!ヽ(`Д´)ノ


キューブ→85%
秋頃から集中的にやり始めて、ようやく先月85%を超えられた形式。
QMAやってて、ここまで正解率をあげられたのは初めてだったのですが、
もともと得意なジャンルのキューブ問って拾いやすいのよね(´・ω・`)ショボーン
ゆえに決勝でもほとんと刺さりません。それこそ洋楽とかクラシックとか宝塚のグロ問が続かない限りは完全に防具、むしろ点数稼ぎのための形式になってます。
でもキューブを重点的にやるようになってから、タイプスピードが圧倒的に速くなったのはよかったかな、と。たまーにですが、99点で予習を終えられる事もあるので、いずれキューブで100点を取ってみたいところ。5では4ほど使い込みませんが、でもここまできたら90%超えでも目指してみたい、というのは無謀なところですかね(゚∀゚)
とはいえ正解率ほど出来るわけではないのは、先日の店対やら何やらで証明済みですがw
「なんとなーく聞いたことあるなー」で回答しても、ちゃんとあとで正解を確かめておかねばですね。


エフェクト→73%
芸能問題は「なんじゃこりゃ」な読ませ方もあるので油断できない形式。
俳優などの名前読みもそうですが、古典芸能とか、芸能人の子供の読ませ方とか、もはやら音・訓を無視してるレベルじゃないか。特にDQNネーム自重(← 
きゆなてぃあら、とかなんだ!読めるわけがありません!
個人的にどのジャンルも、エフェ使いさんは本当に脅威です。トナメで来ても、正直余裕で通過出来る自信はありませぬよ(つД´)ウワァァァン


線結び→67%
夏までは7割キープだったのが、やはり新問が配信されたり、グロ問が続いたりで下がる一方。
どの分野も比較的「まぁまぁできる」って感じなのですが、音楽問題以外の20%以下の問題はもう手が出せません。特にラン2とラン4は激しく辛いですorz
最近の涙目問題はお笑い芸人の線結びとか。TINAさんが即答してるのを見るとほんと怖すぎですw


一問多答→47%
これも未対策。でも50%弱のまま維持出来たのは少し安心。
むしろもっと対策を練っていさえいれば決勝でもフルボッコされずに、もう少し優勝回数も増やせたかなとも思ったのですが、選択肢パターンを回収したり暗記したりとか、ヒィハァやりながらやるのはどうもずぼらな自分の性分には合わないようなので、取れそうな問題をしっかりと答えられるようにしておくのが今後の課題ですな(´Д`)
せめて音楽関係の問題だけでもきちんと知識を仕入れておこうorz


順当て→55%
自分がまともに答えられるのは、90年代半ばから00年代前半のドラマとかCDシングルの順番ぐらいなもんですよ(´Д`*)ハァハァ
でも最近海外の俳優さんとか名前とか覚えておくのが楽しいのでそういう問題も好きだったり。


ランダム1→73%
3の時は80%超えてたということを考えると、これってTVさえ見ていればなんとかなる形式じゃないのかと思うこのごろ。とはいえ正解率ほどしっかりと答えられるわけではなく、「皆が取る問題」を「自分もとっている」だけです(´・ω・`)ゞ
なのでタイピングとか四択は相変わらずへぼへぼ。威力を発揮するのは、昔の作品とか、打ち切りだったり、いまいちパッとしなかったドラマのタイトル、主演俳優、主人公の名前を回答出来た時のみですw
あと、「赤い」シリーズとか、刑事ドラマは自分にとってはアルテマ並に死亡フラグ。
とはいえこれだけの正解率を維持出来たのは、大学時代に家でTVばっかり見てた恩恵でしょうか。
昼ドラ問題はもう少し出てもいいと思いまry 
牡丹と薔薇、真珠夫人、冬の輪舞、愛の嵐しか見た記憶がないような。
ワイドショー見てるとある程度は拾える感がありますね。ほんとにある程度、ですけれども。


ランダム2→63%
今も昔も大きな穴になってる形式。12月ごろにちょっと集中的にやってみましたが、
もともとあまり映画を見ない人間なので、覚えようと思ってもすぐには頭に入りませぬね(´Д`)ハァハァ
ちなみに07年に映画館に行って見たのは…………アレ、無くね?
06年は「踊る」スピンオフやら何やらで結構観に行ったはずなんですがががが。
今までは半年に1度は何かしら見に行っていたので、今年は何か興味があれば少しでも足を運べるようにしたいところ。映画館でマターリは好きなので(´∀`)
よく、上映前に予告編が流れますが、あれでどの俳優さんが出ているかとかを拾ってますww
個人的には、ラン2→結構怖い形式、それこそ、雑ラン3並に怖いです。ヒィ。


ランダム3→73%
ラン1よりやや低めですが、今まで見てきた問題量を考えると、まぁ頑張った方……かな?
秋以降にキューブに浮気してしまったがゆえに、最近ではとんと切れ味も無くなりまして、
店対でもフルボッコとか、易問はずすとか、むしろ洋楽問題でも長考してしまうとかやらかしますが、
けれどQMA2の頃から好きな形式(?)ではあるので、多分今後も変えることはないと思います。
とはいえ、音楽といっても幅は広く、自分の守備範囲がロック・ポップスに偏ってるがゆえに、演歌や歌謡曲、クラシックの半分以上は未だ確信を持って解けませぬ。
QMA5ではそういった部分もしっかり強化ですかね(`・ω・´)


ランダム4→65%
QMA2のころは確か68%はあったこの形式も、就職して社会に出る→GTにTVを見られない→最近の芸能人の入れ替わりとかお笑い芸人とか全くワカンネ→今に至る、わけで。
そろそろ消えそうな芸人に名前が出そうな、某小島よし○に至っては、初めてTVで見たのが11月の終わりだったような気がします。遅いよ!遅すぎるよ!
クワバタオハラとハリセンボンの区別がつかないとか、もちろんそれぞれの名前も未だ謎ですし、
ブラックマヨネーズとかアメリカザリガニとか、どうにも横文字多すぎるな!最近のお笑い芸人さん!
(音楽もほとんどが横文字だというツッコミはあえてスル―)
何かお笑い芸人を特集した雑誌を買って対策した方がいいような気がしてきましたorz


ランダム5→66%
結局総合するとこうなるのね(゚∀゚)
問題や形式の引きにもよりますが、まだまだ総合力が足らないようです。


*******************

こうして振り返ってみると、以下に形式に特化してたか実感してみたり。
どの形式、どのジャンルが来ても7割は取れるようにしたいところ。
特にタイピング・多答・順当てな!
でもQMA5では芸能メインにするかどうするかは未定。
せっかくだから、色んなジャンルもしっかりやってみたいですしね(´∀`)

画像は緑強化のためには欠かせない、諏訪の民の主食です(←




スポンサーサイト

2008年02月13日 QMA トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。